NDLラボへようこそ。
ここは、国立国会図書館の実験的なサービスを提供するサイトです。

2017年「NDLデジタルライブラリーカフェ」開催のご案内(終了しました)

タイトル画像

 国立国会図書館では、「国立国会図書館デジタルコレクション」をはじめ、様々なデジタルライブラリーを開発、インターネットを通じて提供しています。これらのデジタルライブラリーは、図書館内での利活用はもちろん、研究やアプリケーション開発などへ利活用の場が広がっています。
 2017年11月29日・12月2日に、デジタルライブラリーにかかわる研究や最新動向をもっと身近に、もっと楽しくする講演会を開催しました。講演会では、「サイエンスカフェ」の手法を取り入れ、研究者や第一線で活躍されている人をゲストにお迎えし、ゲストが紹介する最新の話題について、参加者を交えて語り合いました。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました!

「サイエンスカフェ」とは、科学者と市民が気軽に科学の話題について語り合う場を作ろうという試みです。 市民と科学者、研究者をつなぐ新しいコミュニケーション手法として、大学や研究機関で広く行われています。 「NDLデジタルライブラリーカフェ」では、デジタルライブラリーに関係のある様々なテーマを取り上げ、紹介します。

案内チラシ[pdf:550KB]


イベント概要

<第1回>
「NDL×データ可視化」

 「データ可視化」とは、データに含まれる情報(事実・示唆)を発見し、視覚的な表現(画像・グラフ・図・表)にすることで分かりやすく伝えること、またそのための技術です。近年、量と多様性が爆発的に増加したデータの中から特徴や傾向を把握する手段として、データ可視化は注目を集めています。今年度第1回目のデジカフェでは、「国立国会図書館インターネット資料収集保存事業(WARP)」に保存された自治体サイトのデータをもとに作成した可視化作品や、国立国会図書館が収集した資料のデータ(書誌データ)の可視化作品から見えてくる近年の出版情報の傾向についてお話しいただきます。

※2016年7月30日に国立国会図書館で開催したイベント「NDLデータ利活用ワークショップ~ウェブ・アーカイブの自治体サイトを可視化しよう~」もご参照ください。

可視化作品のイメージ
  • ゲストスピーカー (敬称略)
  • 日時
    • 2017年11月29日(水)13時30分~16時30分 (受付13時~13時30分)
  • 会場
  • 定員
    • 20名(先着順)
  • 参加費
    • 無料 (ただし、旅費など参加に伴う費用は、参加者の負担となります。)
  • 持ち物
    • なし
当日の様子
第1回の会場写真
当日の質問、ディスカッション内容など
  • データソースからバイアスを除くための前処理や標準化について
  • 多次元のデータや複数のデータを関連付けて可視化する手法について
  • 可視化による印象の変化や誤解等を防ぐために必要なことについて
  • ユーザの目的に沿って可視化部分をインタラクティブに変化させる手法とその応用について

<第2回>
「地域資料を最新規格でお手軽に使いやすくしてみよう」

 「国立国会図書館デジタルコレクション」には、約266万点のコンテンツ画像が含まれ、中には地域の歴史や風土に関する資料も多く含まれています。 第2回では、最新の画像共有規格IIIF(トリプルアイエフ)を使って、このデジタルコレクションのコンテンツを使いやすく、地域資料に含まれる情報を発見しやすくする方法を教えていただきます。
IIIFとIIIFに対応するアプリケーションを使って、参加者が選んだ地域資料(*)の画像に注釈を付けたり、地図や年表上に表示させたりする作業を通して、デジタル画像を用いたアプリケーションの作成やサービス提供のヒントを見つけてみましょう。

(*)地域資料とは、各地域での出版物や地域出身者に関する資料など、各地域や地方自治体に関係する資料を指します。
「国立国会図書館デジタルコレクション」にある地域の歴史に関する資料を、都道府県ごとに検索できるページ「地域の歴史に関する資料(都道府県ごと)」もご参照ください。

  • ゲストスピーカー (敬称略)
  • 日時
    • 2017年12月2日(土)13時~17時 (受付12時30分~13時)
  • 会場
  • 定員
    • 20名(先着順)
  • 参加費
    • 無料 (ただし、旅費など参加に伴う費用は、参加者の負担となります。)
  •                     
  • 持ち物
    • 作業に使う、無線LANに接続可能なご自身のパソコンをお持ちください。電源・無線LAN環境はご用意いたします。
第2回ゲストスピーカー永崎先生からご参加の皆様へのメッセージ

第2回のデジタルライブラリーカフェは、参加されるみなさまにIIIFコンテンツを使って注釈や地図・年表へのマッピングを体験していただき、デジタルライブラリーの将来の可能性について一緒に考えてみる機会としたいと思っています。

そこで、みなさまには「国立国会図書館デジタルコレクション」に収録されている実際の資料を使って作業をしていただきます。利用したい「国立国会図書館デジタルコレクション」に収録されている地域資料のうち「公開範囲」が「インターネット公開(保護期間満了)」となっているものについて、そのURLを1つ以上3つまで、参加申込時にお知らせください。

イベント当日までに、その資料をIIIF対応コンテンツとしてご用意いたします。

当日の様子
第2回の会場写真
当日の質問、ディスカッション内容など
  • 郷土サークルでIIIFを活用する方法や他の近隣サークルとの連携について
  • 地域資料を活用するためのイベント開催について
  • 注釈を付与するためのシステムをプラットフォームとして提供するサービスについて
  • 注釈の付与による情報の発見可能性の向上について
当日の成果物のイメージ
© OpenStreetMap contributors

申込方法

申込受付は終了しました。


お問い合わせ先

国立国会図書館 電子情報部 電子情報サービス課次世代システム開発研究室・電子情報流通課標準化推進係
メールアドレス:opendata(at)ndl.go.jp
  ※(at)は半角記号の@に置き換えてください。
電話:03-3581-2331(内線:40230 標準化推進係)

DR