NDLラボへようこそ。
ここは、国立国会図書館の実験的なサービスを提供するサイトです。

研究者の方へ

 NDLラボでは、協力していただける研究者の方を募集しています。

 皆様が開発した新しい図書館サービスに係る技術を、当館のデータ・環境を使って実験してください。実験システムはNDLラボ環境に移植してサイトで公開します。多くの方に使っていただくことで有用性・操作性等を検証し、国立国会図書館や他の図書館サービスにおける活用を目指します。

◎募集する分野・項目


(1)電子読書支援システム
 当館や他機関におけるデジタルアーカイブにおけるデジタル化資料を便利に閲覧する方式。

(2)テキスト化及び検索
 近代デジタルライブラリーで公開している著作権保護期間満了のデジタル化資料等を対象とした、OCRの高精度化や構造化の自動化、その検索。

(3)メタデータ検索(NDLラボサーチ)
 実験用検索システムNDLラボサーチの新規機能の提案・改良。(検索の正規化、検索結果のランキングロジック、Mahoutを用いた絞り込み検索の機能向上、検索結果表示における著作単位以外のまとめ表示など)

(4)国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)のデータ利用
 国立国会図書館東日本大震災アーカイブのAPIを用いたサンプルアプリケーションの開発(APIの使用については「外部提供インタフェース(API)」をご参照ください。)

(5)その他
 (1)~(4)以外の、新しい図書館サービスに係るシステムの提案。


◎サーバ環境

 VMWareによる仮想サーバ、及び物理サーバ。(詳細はお問い合わせください)


◎提供データ

(1)当館で保有する資料のメタデータ(目次情報のテキスト、典拠データ等を含む)
*国立国会図書館は資料のメタデータをLODとして公開しています。詳しくは、使う・つなげる:国立国会図書館のLinked Open Data (LOD)とはをご覧ください。また、2013年度からLODチャレンジにも参加しています。

(2)当館で保有する著作権保護期間満了の資料の画像データ(近代デジタルライブラリーで公開している著作権保護期間満了のデジタル化資料等。基本的に戦前期刊行の旧字体資料。)

(3)(2)の画像データをOCR(光学式文字認識)でテキスト化したデータ(精度80-90%程度)

*形式、分量及び提供方法は、システムの内容に応じてご相談の上決定します。
*上記以外のデータを提供できる場合もあります。まずはご相談ください。

◎お問い合わせ先

国立国会図書館 電子情報部 電子情報サービス課 次世代システム開発研究室
〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1
E-mail:エルエービー アット エヌディーエル ピリオド ジーオー ピリオド ジェーピー

DR