ホーム > イベント(参加する) > Japan Open Science Summit 2022 国立国会図書館主催セッション「国立国会図書館デジタル化資料データ(画像・テキスト)の使い道:90分アイデアソン」

Japan Open Science Summit 2022 国立国会図書館主催セッション「国立国会図書館デジタル化資料データ(画像・テキスト)の使い道:90分アイデアソン」

目次

イベント概要

国立国会図書館は、オープンサイエンスをテーマとした日本最大のカンファレンス「Japan Open Science Summit 2022(JOSS2022)」(6月6日(月)から10日(金)まで)に参加し、次世代システム開発研究室は6月10日(金)にセッション「国立国会図書館デジタル化資料データ(画像・テキスト)の使い道:90分アイデアソン(外部サイトへリンク)」を開催します。

当館は、所蔵するほぼ全てのデジタル化資料のOCR処理によるテキスト化を進めており、令和3年度は明治期以降の図書・雑誌等約247万点(2億2,300万画像)のテキストデータを作成しました。作成したテキストデータのうち、著作権保護期間が満了した資料のテキストは、次世代デジタルライブラリー(https://lab.ndl.go.jp/dl/)に搭載して本文検索が可能になっています。また、全てのテキストは、令和4年12月リリース予定の次期「国立国会図書館デジタルコレクション」の全文検索にも利用される予定です。

この膨大なテキストデータは、本文検索利用以外にも、新たな情報探索のためのサービス開発、テキストマイニングを用いた研究などに利用できると考えられます。また、当館のデジタル化資料を使ったデータとしては、本文テキスト以外にも、資料画像から自動抽出した、図表・挿絵・写真等の図版のデータもあります。これらの膨大なデータセットの活用可能性について、参加者皆で討論して考えるためのアイデアソンを開催します。

イベント資料

開催概要

日時

2022年6月10日(金)16時00分から17時30分まで

開催形態

オンライン開催(Web会議システム(Zoom)を使用)

登壇者

モデレータ

大向一輝氏(東京大学大学院 人文社会系研究科 准教授)

モデレータアシスタント

青池亨(国立国会図書館電子情報部電子情報企画課次世代システム開発研究室)

アイデアソンチューター

中村覚氏(国立国会図書館非常勤調査員、東京大学史料編纂所 助教)ほか

募集人数

  • アイデアソン参加者:20名程度
  • 一般視聴者:制限なし

参加費

無料

申込方法

申込の流れ

  1. 「アイデアソン参加者」、「一般視聴者」のいずれも、主催者ウェブサイトの申込フォームから参加の申込が必要です。

  2. その上で、アイデアソンへの参加を希望される方は、ページ下部「お問合せ先」のメールアドレス宛にメールによりお申し込みください。その際、件名は「JOSS2022アイデアソン参加申込」とし、次の情報を本文に含めてください。

    • ①ご氏名
    • ②ご所属
    • ③ご専門分野・ご関心のある分野
    • ④その他、ご要望など

参加申込み締切

  • アイデアソン参加者: 2022年6月6日(月)17時
  • 一般視聴者:2022年6月8日(水)17時

※参加希望者が多数の場合は、抽選により人数を絞る場合があります。ご了承ください。

参考情報

お問い合わせ先

国立国会図書館 電子情報部 電子情報企画課 次世代システム開発研究室
メールアドレス:lab(at)ndl.go.jp ※(at)は半角記号の@に置き換えてください。
電話:03-3581-2331(内線:40411)