ホーム > イベント(参加する) > 2020年「NDLデジタルライブラリーカフェ」

2020年「NDLデジタルライブラリーカフェ」

タイトル画像

2020年から2021年にかけて、デジタルライブラリーにかかわる研究や最新動向をもっと身近に、もっと楽しくする講演会を開催します。講演会では、「サイエンスカフェ」の手法を取り入れ、研究者や各分野で活躍されている人をゲストにお迎えし、ゲストが紹介する最新の話題について、参加者を交えて語り合います。

  • 第1回 12月10日(木) テーマ「ウェブアーカイブの活用と課題:WARPと国内外の事例から」
  • 第2回 1月15日(金) テーマ「新春企画:2021年の人文学」

イベント概要

第1回「ウェブアーカイブの活用と課題:WARPと国内外の事例から」

2020年は、国立国会図書館が国内ウェブサイトのアーカイブ事業を開始してから18年目、公的機関ウェブサイトの網羅的収集を開始してから10年目にあたります。蓄積されたウェブアーカイブも膨大なものとなっています。そこで今回のデジタルライブラリーカフェでは、当館のインターネット資料収集保存事業(WARP)の現状や活用状況を紹介するとともに、国内外におけるウェブアーカイブの現状やその利活用、技術の発展状況などを紹介します。また、WARPやウェブアーカイブの活用や課題などについて、ビジネスや学術研究のためのデータ利用に知見を持つ外部講師から話題提供を受け、参加者とディスカッションを行います。

講師(登壇予定順、敬称略)

  • 高峯 康世(国立国会図書館関西館電子図書館課ネットワーク情報第一係長)
  • 志村 努(同課情報システム係主査)
  • 上島 邦彦(株式会社日本データ取引所事業企画部/一般社団法人データ流通推進協議会技術基準検討委員会副主査・書記/研究データ利活用協議会データライセンス小委員会委員)
  • 浅原 正幸(国立国語研究所コーパス開発センター教授)

日時

2020年12月10日(木)14時から15時40分まで(13時45分受付開始)

開催形態

オンライン開催(Web会議システム(Cisco Webex Meetings)を使用)

定員

30名程度

参加費

無料

講演タイトル・資料(後日掲載)

  • 「ウェブアーカイヴの市場価値とビジネス利用をめぐって(仮)」講師:上島 邦彦氏
  • 「ウェブアーカイブを用いた学術研究ー『国語研日本語ウェブコーパス』の開発とその利用」講師:浅原 正幸氏

参加に当たっての注意事項・参考情報

  • 本イベントの講演部分は、Cisco Webex Meetingsの録画機能を用いて記録を行ったのち、国立国会図書館の公式YouTubeチャンネル(外部サイトへのリンク)への掲載を予定しております。参加者の皆様におかれては、講演中はご自身のマイク及びカメラ機能を「OFF」に設定くださいますよう、お願いいたします。
  • 質疑応答部分はイベントの記録のために録画を行いますが、動画の公開は予定しておりません。ぜひ活発なご発言、議論へのご参加をお願いいたします。
  • Cisco Webex Meetingsの使用方法については以下をご参照ください。

申込方法

NDLデジタルライブラリーカフェ参加申込みフォームから、以下の事項を記載の上、お申し込みください。
※申込後3日以内(土日祝を除く)に申込受付をメールにてお知らせいたします。3日以内に連絡がない場合は下記「お問い合わせ先」へご一報ください。

第2回「新春企画:2021年の人文学」

デジタル画像やテキストデータ、コンピュータ技術を積極的に用いるデジタル人文学の手法を実践し、あるいは研究環境を構築している研究者の方々を講師に迎え、各自の取組の現状を紹介しつつ、2021年の抱負を語っていただきます。併せて、図書館とも関わりの深いテキストデータの入手可能性や、概念や名称のデータ化、市民参加のためのシステム構築の課題について、参加者を交えてディスカッションを行います。

講師(登壇予定順、敬称略)

  • 橋本 雄太(国立歴史民俗博物館研究部テニュアトラック助教)
  • 小風 尚樹(千葉大学人文社会科学系教育研究機構助教)
  • 亀田 尭宙(国立歴史民俗博物館研究部情報資料研究系特任助教)
  • 吉賀 夏子(佐賀大学地域学歴史文化研究センター講師)

日時

2021年1月15日(金)14時から15時40分まで(13時45分受付開始)

開催形態

オンライン開催

定員

30名程度

参加費

無料

講演タイトル・資料(後日掲載)

  • 「タイトル未定」講師:橋本 雄太氏
  • 「タイトル未定」講師:小風 尚樹氏
  • 「タイトル未定」講師:亀田 尭宙氏
  • 「市民による郷土の固有表現抽出と機械学習の連携で加速する古文書読み解き(仮)」講師:吉賀 夏子氏

参加に当たっての注意事項・参考情報

  • 本イベントの講演部分は、録画を行ったのち、国立国会図書館の公式YouTubeチャンネル(外部サイトへリンク)への掲載を予定しております。参加者の皆様におかれては、講演中はご自身のマイク及びカメラ機能を「OFF」に設定くださいますよう、お願いいたします。
  • 質疑応答部分はイベントの記録のために録画を行いますが、動画の公開は予定しておりません。ぜひ活発なご発言、議論へのご参加をお願いいたします。
  • オンライン開催に当たり使用するウェブ会議システム及び接続方法については近日中に本ページに掲載いたします。

申込方法

NDLデジタルライブラリーカフェ参加申込みフォームから、以下の事項を記載の上、お申し込みください。
※申込後3日以内(土日祝を除く)に申込受付をメールにてお知らせいたします。3日以内に連絡がない場合は下記「お問い合わせ先」へご一報ください。

過去のイベント

お問い合わせ先

国立国会図書館 電子情報部 電子情報流通課標準化推進係
メールアドレス:opendata(at)ndl.go.jp ※(at)は半角記号の@に置き換えてください。
電話:03-3581-2331(内線:40230)