ホーム > イベント(参加する) > Japan Open Science Summit 2021 国立国会図書館主催セッション「Wikidata×デジタルアーカイブ×LOD―国立国会図書館・東京藝術大学・大阪市立図書館のリソースをつなげてみる―」

Japan Open Science Summit 2021 国立国会図書館主催セッション「Wikidata×デジタルアーカイブ×LOD―国立国会図書館・東京藝術大学・大阪市立図書館のリソースをつなげてみる―」

タイトル画像

目次

イベント概要

国立国会図書館は、オープンサイエンスをテーマとした日本最大のカンファレンス「Japan Open Science Summit 2021(JOSS2021)」(6月14日(月)から19日(土)まで)に参加し、6月17日(木)にセッション「Wikidata×デジタルアーカイブ×LOD―国立国会図書館・東京藝術大学・大阪市立図書館のリソースをつなげてみる―」を開催します。
図書館、博物館、文書館等がデータを公開・発信するプラットフォームとして、Wikimedia CommonsやWikidataといったコミュニティベースで運営されるウィキメディア財団の各種プロジェクトが注目されています。また、Europeanaやジャパンサーチなどの公的なメタデータ統合プラットフォームにおいて、メタデータ記述をより豊かにするための情報源としてWikidataやDBpediaが活用される例もあります。本セッションでは、ウィキメディア・プロジェクトでのコンテンツ発信、データ公開の実践者を講師に迎え、国立国会図書館、東京藝術大学及び大阪市立図書館のオープンデータを用いたデータ登録デモを交えつつ、ウィキメディア・プロジェクトと図書館、博物館、文書館とのこれからの関係についてディスカッションを行います。

開催概要

  • 日時
    • 2021年6月17日(木)15時30分から17時30分まで(15時15分受付開始)
  • 開催形態
    • オンライン開催(Web会議システム(Cisco Webex Events)を使用)
  • 講師(登壇予定順)
    • 加藤文彦氏(リンクト・オープン・データ・イニシアティブ理事)
    • 嘉村哲郎氏(東京藝術大学芸術情報センター助教)
    • 澤谷晃子氏(大阪市立中央図書館利用サービス担当課長代理)
  • 募集人数
    • 100名程度
  • 参加費
    • 無料
  • 参加申込み方法
  • 参加申込み締切
    • 2021年6月16日(水)17時

プログラム・講演資料

参加方法

  • 事前にイベントのページ(外部サイトへリンク)にアクセスしてお申し込みください。
  • 開催当日にイベントに参加するためには、参加のためのアプリ(Cisco Webex Meetings)の立ち上げをするか、ブラウザで参加するかのいずれかを選択します。
  • アプリの立ち上げを選択する場合、アプリをダウンロードしていない方は、ダウンロードに時間がかかることが予想されるため、イベントの20分前には、後述の「イベントへの参加方法>2. イベントに参加する」を行い、アプリのダウンロードと立ち上げを行っておくことをお勧めします。
  • 利用するPCやインターネット環境は、参加者各自でご用意ください。Webex Eventsの実行環境についても各自でご確認ください。個々の機器や利用環境等に関する技術的なお問合せやサポート等の個別対応は致しかねますので、あらかじめご了承ください。

準備するもの

  • パソコン、タブレット、スマートフォン等
  • インターネット環境
    推奨ブラウザはChromeです。Edge、Safari、Firefoxでも動作します。モバイルからは、iPad/iPhone/Androidから参加可能ですが、アプリ(Cisco Webex Meetings)を事前にインストールしてください。
    パソコンの推奨環境については、「Webex Meetings Suite システム最小要件」(外部サイトへリンク)を参照してください。

イベントへの参加方法

ここでは、パソコンでの操作を説明します。タブレット、スマートフォンをご利用の場合、画面や操作が異なる場合があります。
ここでの説明は、2021年5月6日(木)現在のものです。Webexの仕様変更等により、実際の画面や操作と異なる場合があります。

1. 参加申込み(登録)を行う

イベントのページ(外部サイトへリンク)にアクセスする。
② 「登録」をクリックすると、申込みフォームが表示される。

イベントのページ

③ 申込みフォームに姓、名、メールアドレスの必要事項を入力し、「送信」をクリックする。
※所属、講師への質問の記入は任意です。

申込みフォーム

④ 入力したメールアドレスに申込受付メールが届く。
※メールが届かない場合は、受付が完了していない可能性がございますので、本ページに記載のお問い合わせ先までイベント前日までにご連絡ください。

2. イベントに参加する【当日:イベント開始前】

① 1.④で届いた申込受付メールの「イベントURL」をクリックする。

申込受付メール

② 姓、名、メールアドレスを入力し、「今すぐ参加」をクリックする。(→2.③)。または、「ブラウザで参加する」をクリックする。(→2.④)
※メールアドレスは必ず申込時に入力したものと同じものを入力してください。

イベントへの参加画面

③ アプリをダウンロードしていない場合、「一時的なアプリケーションを起動」をクリックし、指示に従ってダウンロードする(ブラウザの拡張機能を使用すると、音声が聞こえない場合があります)。

イベントへの参加方法の選択画面

④ 参加者画面が開く。定時になったら、イベントが開始する。
※「Webex イベントはロックされています。」と表示される場合、時間を空けて再度ページを読み込んでいただくか、「イベントURL」から再度アクセスしてください。

3. 質疑応答【当日:イベント開催中】

ご質問がある場合は、チャットから「すべてのパネリスト」宛に質問を送ってください。

① 画面右下の「チャット」をクリックすると、画面右下に入力画面が表示されます。

イベント参加者画面

② 送信先に「すべてのパネリスト」を選び、下の欄に質問を入力し、エンターキーを押すと質問が送信されます。

チャット入力画面

4. アンケートへの回答【当日:イベント終了後】

イベントが終了すると、ブラウザにアンケートが表示される。回答して、「送信」をクリック。

アンケート入力画面

※ブラウザのタブが2つ表示される場合があります。そのうちの1つが、イベントの参加者アンケートです。今後のイベント開催の参考にさせていただきますので、回答にご協力をお願いいたします。

※国立国会図書館が用意したアンケートとは別に、Webex Eventsに関するアンケートが表示される場合があります。Webex Eventsのアンケートにご回答いただいても、当館では内容を確認することができませんので、ご注意ください。

※タブレット、スマートフォンをご利用の場合はアンケートが表示されない場合があります。

トラブルの時

  • インターネット接続が切れてしまった。
    ⇒一定時間内であれば、インターネット回線が元に戻ると自動的に復旧します。長時間切断されている場合は、メールに記載のイベントURLより再接続してください。
  • 音が聞こえない。
    ⇒音声接続ができていない、もしくは、デバイスの設定およびPC本体のスピーカー設定が誤っている可能性があります。以下の方法をお試しください。
    • Webex画面上部のタブから「音声」→「音声に接続」をクリックして音声接続を開始してください。
    • Webex画面上部から「音声」→「スピーカー、マイク、カメラ」をクリックしてデバイスの設定を確認してください。
    • PC本体のミュート、外付けスピーカーなどの場合はOS自体の設定を確認してください。(音量が0になっていないかなど)
    • ブラウザの拡張機能を使用すると、音声が聞こえない場合があります。その場合は、一時アプリケーションをお試しください。
  • 音声がとぎれとぎれになっている
    ⇒自身のネットワーク環境が不安定、もしくは、主催者側の問題の可能性があります。まずはご自身のネットワーク環境の確認をお願いします。
  • 「Webex 音声のトラブルシューティング」(外部サイトへリンク)もご参照ください。

参加に当たっての注意事項

参考情報

お問い合わせ先

国立国会図書館 電子情報部 電子情報流通課 標準化推進係
メールアドレス:opendata(at)ndl.go.jp ※(at)は半角記号の@に置き換えてください。
電話:03-3581-2331(内線:40230)