ホーム > イベント(参加する) > 2020アーバンデータチャレンジ京都:ジャパンサーチ・タウン

2020アーバンデータチャレンジ京都:ジャパンサーチ・タウン

イベント概要

日本国内の博物館、図書館、文書館、美術館など、いわゆるGLAMのコンテンツの利活用のためのプラットフォーム「ジャパンサーチ」が正式公開されました。
国立国会図書館(NDL)では、アーバンデータチャレンジ(UDC)2020京都府ブロックとの共催で、「2020アーバンデータチャレンジ京都:ジャパンサーチ・タウン」をオンラインにて開催し、ジャパンサーチが連携する日本国内のGLAMデータを利用して地域課題解決のためのサービスのアイデアを練り、実際にアプリケーションやキュレーション作品を試作します。
当日は、ジャパンサーチのAPI(SPARQLエンドポイント)やワークスペース機能について、開発チームのメンバーが直接解説し、皆さんの作品作りをサポートします。

開催概要

  • 主催
    • 国立国会図書館、UDC2020京都府ブロック
  • 開催形態
    • ウェブ会議システムZOOMによるオンライン配信
  • 日時
    • ジャパンサーチ・タウンvol. 1:2020年10月31日(土)10:00~17:00
    • ジャパンサーチ・タウンvol. 2:2020年12月5日(土)10:00~17:00
  • 参加費
    • 無料

プログラム・申込方法

詳細は、connpassのイベントページをご覧ください。

配布資料・講演映像

参考情報

お問い合わせ先

国立国会図書館 電子情報部 電子情報流通課標準化推進係
メールアドレス:opendata(at)ndl.go.jp ※(at)は半角記号の@に置き換えてください。
電話:03-3581-2331(内線:40230 標準化推進進係)